Windowsコマンドプロンプトでaliasを使いたい

2014-02-16 00:00
windows

cmd

でaliasなんて無理かなと半ば諦めていましたが、探してみればあるものですね。

aliasを設定するには以下のようにします。

doskey ll=dir /ad
C:\Users\bakunyo\Desktop>ll
 ドライブ C のボリューム ラベルは Windows です
 ボリューム シリアル番号は 1ED0-4D6E です

 C:\Users\bakunyo\Desktop のディレクトリ

2014/02/01  21:16              .
2014/02/01  21:16              ..
2013/12/31  18:12              inbox
               0 個のファイル                   0 バイト
               3 個のディレクトリ  186,053,722,112 バイトの空き領域

おお、使えるようになっています!

続いて、aliasの一覧を確認するには、以下のようにします。

C:\Users\bakunyo\Desktop>doskey /macros
ll=dir /ad

実は、今回なんでalias使いたくなったかというと、railsの起動コマンドが長くて鬱陶しかったんですね。

bundle exec rails s

これをこのままショートカットにしても良いのですが、引数にして渡すこともできるそうです。

doskey bx=bundle exec $1 $2

$1は1番目、$2は2番目の引数。いろいろと応用が効きそうですね。

実行してみます。

C:\Users\bakunyo\Desktop\inbox\workspace\ruby\sample_app>bx rails s
For a better Pry experience on Windows, please use ansicon:
   http://adoxa.3eeweb.com/ansicon/
=> Booting WEBrick
=> Rails 4.0.2 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
=> Ctrl-C to shutdown server
[2014-02-16 10:02:14] INFO  WEBrick 1.3.1
[2014-02-16 10:02:14] INFO  ruby 2.0.0 (2013-05-14) [i386-mingw32]
[2014-02-16 10:02:14] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=5624 port=3000

起動できました!

※bxをbundle execにしておいて、bundle exec rais sと実行することはできないんですね。

設定の保存

さて、この設定したaliasですが、どこかに保存しておかないと次にcmd起動した時には消えてしまっています。

なので、ファイルに保存&cmd起動時に読み込む設定をします。

まずは、設定をどこか適当な場所に保存します。

C:\Users\bakunyo>doskey /macros > C:\Users\bakunyo\.cmdrc

cmdの起動ファイルで右クリック>プロパティを選択し、リンク先の中身に設定ファイルを読み込むよう追記してあげます。

f:id:bakunyo:20140216103802p:plain

C:\Windows\System32\cmd.exe /k "doskey /macrofile=C:\Users\bakunyo\.cmdrc"

ちなみに、自分はRailsInstallerで加わったコマンドプロンプトを以下のように編集しました。

C:\Windows\System32\cmd.exe /E:ON /k "C:\RailsInstaller\Ruby2.0.0\setup_environment.bat C:\RailsInstaller & doskey /macrofile=C:\Users\bakunyo\.cmdrc"

起動コマンドは&で繋げられるみたいですね!

これで、かなり便利になりました。


« 定数のメソッド内定義Sublimeでインデントを整形する »