速読を習得するための3つのポイント

2013-03-02 00:00
reading

背景

これから技術関連の本やWeb記事をたくさん読んでいくことになるので、速読を習得できたらいいなーと思い、本を数冊購入。

以前に一度チャレンジしたけど挫折した経験があったのだけど、やっぱり身につけたい衝動に駆られてしまう。。で、多分今回はうまくいきそうなのでメモとして記録。

ちなみに読んだ本は、

『だから速読できへんねん!』/呉 真由美

速読界(?)では有名な方ですね。

ポイント

1. 音読・黙読しない

言われてみて改めて意識させられたけど、読むときに心の中で声に出してしまっていた。

(心の中でも)声に出さずに、かつ頭で理解できるスピードで読むのは、意外と難しくない。

これを実践しただけでも、今までの2〜3倍スピードが上がりました。

2. 眼と脳のトレーニング

眼で追う力と視野を広げることと、集中力を高めること。

スポーツでいう基礎トレーニングと同じように、速読する上でも基礎トレーニングが大事。

そのために、眼の運動(よくある、左右上下に動かすやつ)と脳の運動(イメージする力、感性を磨く)を普段から意識すること。

3. 頑張りすぎない

これは、続ける上で特に重要。

それと、速読は相対的なものだから、自分が納得できるスピードまで高められればそれで完成と感じることが大事。

感想

数冊を読んだなかで、速く読めるようになった実感が一番あったのがこの本。

今後続けられるかどうかはわからないけど、3つめの「頑張りすぎない」ってのが1番のポイントのような気がします。

オススメ。


« 僕がGoogle Readerを直ちに乗...Sublime Text 2のBrack... »